2006年04月28日

漢方薬

薬の副作用って、思いのほか、肝臓を疲れさせることを知ってましたか?薬も一応は毒です。そういった毒を解毒する役目も肝臓は担っています。肝臓は、とっても、大事な臓器です。沈黙の臓器と言われるように、ほとんどの人が、肝臓が疲れているという自覚をしていません。  肝臓は、栄養を蓄えたり、分解したり、アルコールを分解したり、解毒したりと、一日フル活動しています。
ですから、頭痛がするからといって、バファリンや鎮痛剤をすぐに飲まないように気をつけましょう。。  頭痛には、ストレートティーが効きますので、砂糖、ミルクを入れずに紅茶をまず飲んでみましょうわーい(嬉しい顔)  あとは、毎度のことですが、お腹を温めてください。  ひどい人は、常に鎮痛剤を飲むのではなく、漢方薬で、体質改善に努めてみてください。。

posted by タケちん at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

足の冷え

良く、女性で足が冷えて困ってる人がいると思いますが、何枚も靴下を重ね合わせても、あんまり温まらないというのが現状だと思います。      冷えといっても、様々な理由がありますが、やはり、内臓の循環不良からが多いと思われます。 なので、まずは、「肩凝り その1」でも書いたと通り、お腹を温めてみてください。  

それから、足の血行を良くしなければいけないのですが、知ってって欲しいのは、動脈(心臓から出てくる血液の流れ)は心臓がポンプの働きをしてくれるので、流れやすいですが、静脈(心臓に戻る血液の流れ)は筋肉の動きがポンプとなって、循環しやすいのです。そのため、男性よりも筋肉量が少ない女性に冷え症が多いともいえるのです。(男性で冷え症の人は、大抵、内臓の疲れです)  外反母趾も女性に多いのは足底筋という筋肉が弱っているためで、靴だけのせいではありません。筋肉がないから、元の形に戻れずに、靴の形のまま変形してしまうのです。(これについては、今度、書きます。)

要するに、筋肉が少ないと、外反母趾にもなり、冷え症にもなりやすいのです。だから、歩くときに足の裏で、しかっり地面を踏みしめるように歩いてみてください。  そうやって、筋肉を意識することで、静脈の循環が良くなって、冷えも変わってくることでしょう。  簡単なことからで、いいので、お風呂でよく足の指を動かす、揉むなどもやってみてください。

あと、裏技ですが、寝るときに足の裏にシップを貼り付けて寝ると、足が温まりやすいです。これは、シップの作用である、消炎剤が、筋肉に働きかけて、循環がよくなるためです。試してみてください。実は、あしを細くする、ダイエット効果もありますよ!
 他には、レンジで温めるジェル状の湯たんぽなどで、股関節を温めても、効果が出ます。股関節の内側を動脈が通ってるので、そこを温めると、足全体がホカホカしてきます。足の裏を直接温めるより、大元を温めれば、きっと変わると思いますよ。    で、足の筋肉もつけるよう、努力して下さいexclamation
posted by タケちん at 19:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめ

意外とこういうのは、嬉しいものですし、頼れます。


posted by タケちん at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

肩凝り その1

肩凝りは、様々な原因があります。人それぞれによるので、ホント生活習慣が現れると思います。 でも、ほとんどの人に、共通してることがあって、それは、みなさん、内臓が硬くて、動きが悪いということです。 肋骨の淵に横隔膜という、呼吸を行うときに働くものがあります。  簡単に言うと、その横隔膜に内臓はぶら下がってる状態なのです。厳密に言いうと違いますが・・・。  なので、内臓が硬いと肩で重いものを抱えてると同じような状態になります。そのため、体が前かがみになり、肩が前のほうに巻き込んできます。 内臓が硬い人ほど、背筋を伸ばしにくいはずですので、背筋を伸ばして、引っ張られるとこがあれば、どこか内臓が緊張してる可能性があると考えていいでしょう。   では、この内臓をどう柔らかくするのかというと、一番は温めることです。一番簡単なのは、熱いお湯にタオルを浸して、ビニール袋に入れて、それをお腹に押し付けます。  内臓が緊張している人は、循環が悪いので、とても気持ち良く感じれると思います。5〜10分ほどやってみてください。 タオルよりも、レンジでチンする湯たんぽがあると思うので、それを購入して、それで行ってもイイですね。
   
  目の疲れや、骨格の歪みで肩凝りは起こりやすいですが、それらも内臓の緊張が関係してることが多いです。内臓を毎日温めるだけで、体は本当に調子よくなります。 是非、毎日、頑張ってみてくださいわーい(嬉しい顔)
posted by タケちん at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

逆子

わーい(嬉しい顔)今日、うちの妻が里帰り出産の準備のため、田舎に帰りました。 ただいま、9ヶ月ですが、8ヶ月中くらいまで逆子で、帰郷前に何とかせねばと思い、ツボを使った逆子治療をしてみました。  基本的には、至隠というツボを使います。足の小指の外側で爪の生え際あたりです。 妻を上向きのした状態で、両膝を曲げてもらい、そのツボを爪楊枝の頭の部分でしばらく圧迫しておきます。 少し、痛いと感じるくらいでないと効果が薄いようです。  両方いっぺんにやってもイイし、片方ずつでもイイです。    しばらくすると、お腹の中で子供が動いてきます。そしたら、奥さんには、「頭反対だから、頭を下にしてね〜。」と子供に言い聞かせてもらいます。      逆子で悩んでいる方がいらっしゃるのであれば、頑張ってやってみてくださいね。毎日、5〜10分くらいでイイので。  あと、本などに書いてると思いますが、逆子体操も忘れないようにわーい(嬉しい顔)
posted by タケちん at 00:00| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。