2006年06月26日

最近の腰痛と夏バテ

最近、蒸し暑い日々が続くせいか、冷たいものをゴクゴク、一気に飲み干してしまう人が多いようです。そのため、内臓が冷えて、循環が悪くなり、足が硬い人が多くみられます。  足の筋肉が硬いと、腰の筋肉がいつも以上に緊張します。お尻から膝まで繋がってる筋肉が引っ張るからです。それと、消化器系に関与する、腰椎2番の動きが悪くなり、腰の動きが悪くなるというわけです。   

この時期に、体が熱くて火照ってしょうがないという人は、完全に内臓が冷えてる人です。暑いからといって、氷をたくさん入れて、キンキンに冷たくして飲むとか、冷たい飲料の一気飲み。これらを行うと、内蔵は冷えてしまい、内部で温めようとする働きが起き、体は火照った感じがしてしまいます。思い当たる人は、温かいものを飲むようにすれば、体が楽になるでしょう。

実は、これは、夏バテのメカニズムでもあるんです。内臓が温めよう温めようと頑張ってるのに、それに反して冷たいものばかり飲んでると、内蔵が疲れ切ってしまい、消化も思うように行かないため、食欲不振に陥り、体がダルクなってしまうのです。

では、どのようにして、夏バテを解消するかというと、やはり、お腹を温める!!  意外と効くのが、梅酒のお湯割り。これは、胃腸の働きも良くしてくれるし、体が温まります。  しかし、天気も悪く、やはり、疲れが出やすいので、アルカリ食品をとるのもイイです。  梅干なんてとってもイイですし、大根、にんじん、レンコン、かぼちゃ、ごぼう 等も血液を浄化し、自然治癒能力、スタミナが高まります。

ビールが好きで、毎日飲む人は、特にこの時期気をつけてくださいね。最初の喉越しがたまらないので一気に飲み干してしまいますが、その気持ちは、よく分かります(>_<)  しかし、最初の喉越しを味わってしまったら、1杯だけでもイイので、焼酎のお湯割りを間に飲んでみてください。梅干入りなら、尚、イイです。きっと、なんか落ち着いた感じになることでしょう。私も、かなりのお酒好きなので、気をつけるようにしてます。気をつけてないと、体が辛くなるのが分かります。湯たんぽや、今まで述べたことを実行してる時は、体は楽です。

みなさんも、予防しながら、梅雨を乗り切りましょう猫
posted by タケちん at 00:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。